放射線透過試験

原理

放射線透過試験は、試験体に放射線を照射し、透過した放射線の吸収の度合いの差で透過する放射線の強さの変化をX線フィルムに可視像にして、きずや内部構造などを調べる試験方法である。



 

特徴

放射線透過試験での他試験方法との違いは金属の溶接部、鍛造品などの内部きずや介在物がデータではなく、X線フィルムの可視像により、形状・寸法が確認出来ることが最大のメリットで有る。


 

作業例

  • 鋼・ステンレス・アルミ構造物の溶接部。

  • バルブの内部きず、内部状態。

  • 配管内部劣化状態・ 腐食・減肉状況の把握。




  •  

    作業状況

    スラブ
    1x1.trans 放射線透過試験
    レントゲン写真
    1x1.trans 放射線透過試験



    鋼管杭
    1x1.trans 放射線透過試験




    劣化診断
    1x1.trans 放射線透過試験
    健全時
    1x1.trans 放射線透過試験
    さび・こぶ発生時
    1x1.trans 放射線透過試験




    配管継手
    1x1.trans 放射線透過試験
    レントゲン写真
    1x1.trans 放射線透過試験