鉄筋探査

電磁誘導法の原理

電磁誘導法は、試験コイルに交流電流を流すことによってできる磁界内に、試験対象物を配置する事によって試験を行う。鉄筋は、軟鋼材であるので電磁誘導試験が可能である。
この試験方法をコンクリート構造物で使用すると鉄筋位置やかぶり測定ができる。
また、機器の種類により鉄筋径の推定が可能である。


電磁波レーダー法の原理

電磁波をアンテナからコンクリート表面に向けて放射すると、その電磁波がコンクリートと電気的性質の異なる物質、例えば、鉄筋、空洞等との境界面で反射され、再びコンクリート表面に出て受信アンテナに受信される。この送信から受信に到るまでの時間から、反射物体までの距離を知ることができる。平面的な位置は、距離計を内臓した装置を移動させることにより、位置情報を得ることができる。


作業例

  • コンクリートアンカー・コア抜き工事・空調設備

  • 電気設備工事・ビル・マンションなどコンクリート建造物改修及び補修

  • コンクリート構造物の鉄筋調査及び耐震診断 ・設計事務所分野



  • 目視検査の様子

    1x1.trans 鉄筋探査
    1x1.trans 鉄筋探査